収入の証明ができれば問題なく借りられる

フリーランスの方も、収入をしっかり持っていればお金を借りることができます。収入を持っているかどうかは、証明書を出すことで決まりますが、確定申告の書類などを持っていれば証明できると判断されることが多いです。

 

収入を証明できないと借りられない可能性は非常に高く、フリーランスという収入不安定な仕事もあってかなり厳しい状況に陥ります。必ず収入証明のできるものは用意してください。どうしても厳しいと思っている場合は、証明書を出さなくても良い金額までラインを下げることも考えることになります。

 

銀行のように厳しい判断をしているところでは、場合によっては借りられない可能性もあります。やはり収入不安定な状態になっていることは厳しいと思われますし、フリーランスは収入があまり無いと思われがちで、収入証明を出さなくても借りられることはかなり難しいです。

 

もし出さなくても良い金額で利用したいと思っても、銀行側から出すように言われてしまうことがあるため、結果的に借りるために証明書を出さないといけないことが多いです。

 

借りられないわけではないので、借りやすいような方法で行っていけば業者を見つけることができます。特に消費者金融のように、審査がそこまで厳しくないところでは、フリーランスでもある程度の収入が認められれば貸してくれます。仕事状況などは貸す側に把握してもらうことが難しいので、収入があることを示せるように準備を進めてください。