母子家庭でも、キャッシングやカードローンは可能です!

母子家庭だからと言って、借金をする事ができないと言う事は一切ありません。キャッシングやカードローンを利用する際、母子家庭と言う事が審査の弊害になると言う事はなく、あくまでも、今までの利用実績や収入などがメインで審査が行われます。

 

その事から考えると、母子家庭=借金ができないと言う事にななりません。
ただし、専業主婦の場合、自分自身が無職でも、旦那さんも扶養に入っていると言う事で、銀行系カードローンなどの利用は可能になっている一方、母子家庭の場合は、アルバイトなどでも良いので、最低限、収入があると言う証明が必要になってきます。その為、母子家庭で無職の場合は、キャッシングやカードローンを利用する事は出来ないと考えて間違いないと思います。

 

無職であっても、国や地方自治体からの援助で生計を立てている場合も、もちろん、キャッシングやカードローンを利用する事は出来ません。あくまでも、自分自身で働き、収入を得ている人のみ、利用が可能になっています。この点においては、勘違いがないよう、注意が必要です。

 

必要書類においても、母子家庭だからと言って、特別なものなど不要で、身分証明書の他、借入金額によっては、所得証明書などの提示を求められた場合は、それらを提出する事で、利用する事が可能になっています。

 

以上のような事から、母子家庭だからと言って、借金を行う事ができないと言う事は一切なく、あくまでも、一般の人と同条件で、収入に応じて、利用が可能になっていると言えます。