ゆうちょ銀行でお金を借りたい場合

20歳を超えた成人であれば銀行口座としては主流だと言える、自分名義のゆうちょ銀行口座を持っていない人のほうが少ないはずだし、財形貯金を利用していなくても、定期貯金か定額貯金として利用しているはずなので、ゆうちょ銀行でお金を借りる際の条件のゆうちょ銀行口座を持ち、定期・定額貯金か財形貯金のどれかとして使用しているという条件をクリアしている人は多いはずです。

 

郵便局は銀行よりも全国各地共通に点在しているし、ゆうちょ銀行口座の開設は簡単なので、銀行口座として持っていない人は開設しておいたほうが後々便利になる可能性が高いと思います。口座内のお金を担保としてお金を貸してくれるので、口座内のお金が少ないほど貸してくれる金額も少なくなります。1冊の通帳に対して300万円が最大の上限になっています。

 

上記以外の国際等担保自動貸付は金利がやや高めになっているので、あまりお勧めしないです。無担保で郵便局でお金を借りたい場合は、スルガ銀行のカードローンを選択することになりますが、利用できる年齢の上限が65歳か70歳までとなっており、選べるプランは多いが条件がやや厳しめになることが否めないと感じます。

 

定期・定額貯金や財形貯金等を担保としてお金を借りたい場合は手間暇がかからないので、お金を急に借りる必要ができた場合は、消費者金融よりも低金利で安心できるゆうちょ銀行からお金を借りたほうがいいです。審査における厳しさも消費者金融や銀行よりはずっと緩いと感じます。ただし口座内にお金がほとんどない場合は、消費者金融も踏まえて考えたほうがいいです。