担保に入れる商品の必要書類とその注意点

生命保険は、担保にする事は実際可能です。万が一の時には解約金で返済するという条件の下で、融資を受ける商品になるのです。
ところでそういう商品を利用する場合は、所定の会社に対して書類を提出する事になります。最低でも、2つの書類が必要になるのです。

 

まず1点目ですが、保険の契約をしている事が分かる書類です。いわゆる証書と呼ばれる事が多いですが、少なくともそれは保険会社から発行されている筈です。

 

それともう1つ必要な書類は、身分証です。いわゆるパスポートなどを含めて、顔写真の付いた書類が有効扱いになります。ただし顔写真が無い書類でも有効とは見なされますが、大抵2種類は求められる事になるのです。ですから、できれば顔写真が付いている身分証を準備しておく方が良いでしょう。

 

それで利用する時には、いくつか注意すべき点があります。まず当然ですが、返済期日は守る必要があるのです。何せ保険を抵当にする訳ですから、返済に遅れてしまえば保険が解約になってしまいます。カード商品と同じく、返済期日を守るべきでしょう。

 

それと、契約時に発行される書面は熟読しておくべきです。というのも借りた後に、たまに最初のイメージと違うというトラブルが生じている事もあるからです。それを防ぐ為には、やはり融資会社から発行される書類を確認しておくのが一番です。少しでも不明な点があるなら、必ず担当者に質問をして、不明点をゼロにするよう心がけるべきでしょう。