キャッシング審査に落ちてしまう事の原因。

どうしてもお金が必要、出来たら早急にお金を融資して欲しいと思い、キャッシングの審査を待っていてドキドキしている事と思います。そんな時に、融資する事が出来ませんと・・との回答を受けて、何故なんだろう?どうして駄目だったんだろう?と、理由さえはっきり分らないまま、審査に通らなかった事実だけ突きつけられたら、辛いのです。

 

どうして自分は審査に通らなかったのか?その考える原因はいくつかあると思います。今回はそれを簡単ですがまとめてみたいと思います。

 

①お金を融資してくれる業者は(業者問わず)キャッシングやカードローンの借入額が年収の三分の以上ある場合は審査に落ちてしまう可能性が高いのです。
今、借りたい業者が1円あたりとも借入金がなくても、他での借入金がある倍は、トータル審査にひっかかった事になり、融資が通らなかったと言えるでしょう。

業者問わず、各種ローン(住宅、車、他キャッシング)が年収の何%になっているかで計算されます。
携帯の月払いなどもローンに含まれます。

 

②審査を通そうと、誤まった情報を書いたりする事もキャッシングに審査に通らない原因です。
業者は顧客データーが一括して見られる様になっているので、本当は他社に借り入れがあるのに、ないと記載したりする事が、一番融資の審査を妨げる事になります。

 

本当の借り入れ状態を正直に記載する必要性があります。

キャッシングの審査を通すにはまずはきちんとした情報を相手にお知らせする事が最も大切だと思います。