免許証が無くても、カードローンの申し込み可能です。

カードローンに申し込む場合の本人確認資料(身分証明書)として認められているものは、主として「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」「住民票」です。原則、どれか1点あれば申し込めます。

 

店舗の窓口で提示する場合は、コピーは不可。原本を持参するようになっています。また、現住所の確認資料ともなっているので、引越し後、住所変更をしていない場合は、現住所が証明できる他の書類も必要となります。この点も注意が必要です。

 

このうち、顔写真が付いている免許証が一番信用度の高い確認資料になります。(パスポートも顔写真付きですが、住所が手書きとなっているため、信用度はやや落ちるようです。)
ですが、運転免許を持っていないからといって、カードローンに申し込めないとか、審査に不利になるということはありません。

 

カードローンの申し込みで重要視されるのは、安定した収入があるかどうか。そのため、勤め先から発行されている健康保険証の方が、有利に働く場合もあります。

 

また、大手消費者金融のカードローンで、「WEB完結申込」というサービスを利用し、返済方法を本人名義の銀行口座からの口座振替にすると、本人確認資料の提出が不要になります。これは、銀行口座開設の際に、本人確認が完了しているとみなされるからです。

 

同じ理由で、既に口座を持っている銀行のカードローンに「WEB完結申込」から申し込んだ場合も、本人確認資料の提示なしで、申込み手続きが完了します。