生活福祉資金制度について

急にお金が必要になったときなどは消費者金融からお金を借りるという人が多いと思いますが、実は市役所などの自治体でもお金を借りることができるということはあまり知られていません。この制度は「生活福祉資金制度」と呼ばれており日本国中どこの自治体でも行われています。

 

生活福祉資金制度は市町村の社会福祉協議会が実施している制度ですので、厳密には役所でお金を借りるのではなく、各自治体の社会福祉協議会でお金を借りることになります。

 

気になる金利ですが、連帯保証人がいない場合は年1.5%という消費者金融では考えられないほどの低金利で融資をしてくれますし、連帯保証人がいる場合は無利子で貸してくれますので消費者金融に比べるとかなりお得だと言えます。

 

そんな社会福祉資金制度ですが総合支援資金と福祉資金、教育支援資金、不動産担保資金の4種類から選ぶことができてそれぞれ融資の限度額が異なりますので、自分が受けたい融資の種類を選んで融資を申し込んでみてください。

 

生活福祉資金制度はまだまだ認知度が低くあまり知られていないようですが、お金に困っている人はどんどん利用すればよいと思います。消費者金融で借りるよりも低金利ですし、生活支援の相談にも乗ってくれますので本当に生活に困っている人にはオススメの制度です。

 

しかしこれは本当に困っている人が利用できる制度ですので、あまり困っていない人は融資を断られることもありますので注意が必要です。

ゆうちょ銀行でお金を借りたい場合

20歳を超えた成人であれば銀行口座としては主流だと言える、自分名義のゆうちょ銀行口座を持っていない人のほうが少ないはずだし、財形貯金を利用していなくても、定期貯金か定額貯金として利用しているはずなので、ゆうちょ銀行でお金を借りる際の条件のゆうちょ銀行口座を持ち、定期・定額貯金か財形貯金のどれかとして使用しているという条件をクリアしている人は多いはずです。

 

郵便局は銀行よりも全国各地共通に点在しているし、ゆうちょ銀行口座の開設は簡単なので、銀行口座として持っていない人は開設しておいたほうが後々便利になる可能性が高いと思います。口座内のお金を担保としてお金を貸してくれるので、口座内のお金が少ないほど貸してくれる金額も少なくなります。1冊の通帳に対して300万円が最大の上限になっています。

 

上記以外の国際等担保自動貸付は金利がやや高めになっているので、あまりお勧めしないです。無担保で郵便局でお金を借りたい場合は、スルガ銀行のカードローンを選択することになりますが、利用できる年齢の上限が65歳か70歳までとなっており、選べるプランは多いが条件がやや厳しめになることが否めないと感じます。

 

定期・定額貯金や財形貯金等を担保としてお金を借りたい場合は手間暇がかからないので、お金を急に借りる必要ができた場合は、消費者金融よりも低金利で安心できるゆうちょ銀行からお金を借りたほうがいいです。審査における厳しさも消費者金融や銀行よりはずっと緩いと感じます。ただし口座内にお金がほとんどない場合は、消費者金融も踏まえて考えたほうがいいです。

保険証のみで借りる場合に注意する申し込み条件と現在の住所

お金を借りる場合に身分証明書が必要になりますが、保険証のみで借りることが出来ます。しかし全ての所ではなく、条件が少し異なっていることがあるために見つけ出す必要があるのです。それが出来れば身分証明書を保険証として手続きを進めることが出来るので、運転免許証と同じような方法で借りることが出来ます。

 

保険証のみで借りる際に必要書類は保険証だけでいいのですが、借りる金額が大きい場合には別途収入証明書など必要になったりするために、額に応じた書類が新たに必要になってくることもあります。そのために借りる金額に合った必要書類を持っていくようにすることが良く、条件などを読むことで新たに必要になる書類が判明しますので、面倒なことにならないようにする必要があるのです。

 

しかし保険証のみで借りられる場合でも申し込み方法によって保険証だけでなく他の書類が必要となってくるために、申込方法も含めて調べてから申し込むようにすることが大切になっています。中には自動契約機などで契約をしたい場合などには、保険証のみでは難しい場合があるために申し込み条件と必要書類の再確認が必須となっているのです。また、保険証も引っ越しをすると住所などを変更する必要がありますが、それを怠ることなく、借りる前に今の住所のものにするなど、変更点がある場合には注意が必要になります。

 

運転免許証がなくても保険証だけでも借りる所はありますが、申し込み条件と住所が正確になっていることで利用することが出来ます。

初めてお金を借りたいと思っている人へのアドバイス

これから初めて金融機関からお金を借りたいと思っいる人も多いと思います。

ですが、初めてお金を借りようと思った時は審査に通りにくくなります。

 

なぜなら、初めてカードローン等を利用してお金を借りる場合は貸す側からすればその人間が本当に返済してくれる人間か分からないからです。

ですから、一般的に初めてカードローン等を利用してお金を借りようと思った時は審査に通りにくいです。

 

ですが、それも10万円程度の金額になればかなり審査に通りやすくなります。それはどうしてかというと、10万円程度の金額ならパートの主婦や新社会人も返済にそれほど困らないからです。

 

なので、10万円くらいの金額をカードローンを利用して借りるのは貸す側にとってもかなりメリットがある事になります。

なので、初めて金融機関からお金を借りる場合でも10万円くらなら問題なく審査に通ります。

 

ただ、いくら10万円といっても毎月固定の収入がないと審査に通りません。

そして10万円でも借りようと思った時は当然身分証が必要になります。一般的には運転免許証という事になります。

そして一番肝心なのはたとえたった10万円借りたと言って毎月の返済額を少なくしない方が良いです。

なぜなら、少なくすればするほど返済期間が長くなってそれだけ多く利息を払う必要が出てくるからからです。

なので、10万円を借りる際に一番気にすべき事は返せる範囲で毎月の返済額をなるべく多くする事です。

楽天銀行口座を使うことで利便性が高まる楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、低金利でありながら専業主婦などでも借りることが出来るのが特徴です。他社との違いでは利用や入会をすることで楽天スーパーポイントが貰えることもあるために、金利以外でポイントも見ておくことでお得に借りることが出来るようになっているのです。

 

また、それ以外にも楽天銀行の会員ランクによって審査状況が変化することがあるので、日頃から楽天銀行を使っている方には他社との審査状況と差が出てくることがあります。そして楽天銀行の口座を所持していることで、いつでも即振込が口座に行われるために利便性は高いものになっています。そのために楽天銀行を所持していないと当日借りるために制限があるデメリットもあるので、楽天口座所持で差があるのです。

 

借りる場合には審査に応じて800万円までで10万円単位で限度額を設定できる上に、返済は10万円までであれば月に2000円までと借りる金額に応じての返済額が決まっています。楽天スーパーローンは、色々な方が借りることが出来ますが、借りる人によって審査時に必要な収入証明などが違う場合があります。

 

会社員などであれば300万円までは収入証明がいらないのですが、主婦の場合には50万円までとなっている点になっています。それ以外にも全国の提携金融機関のATMでは無料で使うことが出来るので手数料などの心配がいらないことが多いのですが、提携していない所ですと利用金額に応じて手数料がかかってしまうことがあるので、注意が必要となります。

 

楽天スーパーローンは、内容を理解して使うことで上手く借りることが出来るカードローンです。

電話確認がなくお金を借りるための方法と注意すべき必要書類

取引先が決まっていたり、部署によっては内部のみしか掛からないこともあるので在籍確認をどう工夫しても気付かれてしまう職場環境の方がいます。

 

これは個人名などで電話されても同様で、個人間は携帯電話でのやり取りが基本であるためにこういった方法が疑念を生んでしまうこともあるのです。それでもカードローンや消費者金融は保証人が不要であったり、簡単で借りやすいのですが、電話確認だけは多くの所で採用されています。

 

しかし中にはweb完結など電話での在籍確認などが不要な所もあるので、利用の流れや問い合わせによって電話確認なしで借りる所を探すことが可能になります。在籍確認なくお金を借りるためには、所属している企業の証明をする書類が必要となってくることがあるために、社会保険証や収入などを証明する必要があるために収入証明などを提出することが出てきます。

 

そのために在籍確認は電話での確認はないものの、それ相応の書類の提出が必要となってくるために揃えるものは増えてきてしまうので注意が必要となるのです。しかし手間を掛ければ電話確認が必要なくお金を借りることが出来るようになりますので、ドキドキしながら電話確認を見ていたり、後々のことを考えることなく出来るので電話確認を避けたい場合には上手く活用すると良いものとなります。

 

電話確認なしでお金を借りることが可能な所はありますが、書類を含めて他の消費者金融に比べて書類を多く用意して提出する必要があります。

給与明細を用意して臨むキャッシング

水商売の仕事では、給料は現金で手渡しというラフなスタイルがとられることも多いかもしれませんが、キャッシング利用のためには、給料明細くらいはちゃんともらっておく方がいいです。

 

お客さんの指名でバリバリ稼いでいると、どんなに口で説明したところで証明にはなりませんから、第三者に証明できる明細という形で、受け取っているものの存在がきちんとわかるようにしておきましょう。同じ水商売でも日雇いの仕事から、月給制のお店勤務のスタイルに変えるだけで、金融機関からの印象も大分変わってきます。

 

例え明細の形であったとしても、半年や一年前の給与明細だけでは、収入の証明として正しく機能しない可能性が高いので注意してください。水商売はどうしても安定しない仕事というイメージがありますから、過去のものでお茶を濁そうとはせず、できる限り直近ニ、三ヵ月分の給与の情報を提示して、安定した収入事情を見せつけ信用を得ておきましょう。慎重な金融機関を相手にする上では、自分至上最大に稼いでいた過去の記録に頼るのではなく、最新の収入事情で勝負するのが効果的です。

 

職業が水商売では、キャッシングの審査には不利になるのではと悩む気持ちもわかりますが、それでも職を偽って申し込みをするのはよくありません。虚偽の申請は必ずバレ、その時点で審査に通る確率はゼロになります。日々の稼ぎを示せれば、仕事が何だろうと審査には通れるものですので、まずは目の前の仕事をしっかりと果たして、安定した収入を得ることに全力をかけていきましょう。

一定の年収を確保できていると証明できれば借り入れ先の幅が広がります

たとえば金融機関や消費者金融業者でお金を借りる場合、ポイントとなるのが申し込みを行った利用者に安定した収入があるかどうかです。

 

漁師として生計を立てており一定の収入を確保できていることを証明できれば、こうした業者に問題なく借り入れの申し込みを行うことができます。一口に漁師と言っても行っている漁業の種類などで収入の幅は大きくなりますので、審査の際にこの安定性をどう判断するかは業者次第です。漁師だからといって断られることはありませんので、まずは申し込みをしてみましょう。

 

金融機関や消費者金融業者から借り入れを行うメリットは、借り入れできるまでの期間が短いことです。漁師を対象とした公的機関による融資などもありますが、審査に時間がかかってしまうことと借り入れたお金の使用目的が限定されることがネックとなります。その点、業者から借りたお金はどう使っても自由です。新しい漁業用機器を整えるためだけではなく生活費に充てたりすることもできますので、その自由度が魅力になります。

 

ただ、借りたお金はきちんと返さなければなりません。あまり大きな額を借り入れると返済に苦しむことになりますので、計画的に返していける額に収めるようにしてください。また、消費者金融業者の場合には総量規制がありますので、年収の3分の1までしかお金を借りることができず、金融機関ならその制限はありません。借り入れ額や金利を考慮して借り入れ先を決めることをおすすめします。

オリックス銀行のカードローンで借りたい

お金を借りると言えば、「消費者金融」または「銀行系のカードローン」のどちらかが一般的です。

消費者金融は借りやすく、スピーディーな特徴がありますが、そのぶん金利は高くなっています。

 

しかしながら短期の借り入れが希望であれば初回のみ30日間の無利子のサービス期間が設けられていたりするのでお得です。

それに対して銀行系のカードローンは金利が低く、限度額も大きく設定しやすくなっています。

 

一番の特徴としては、消費者金融の法律にあたる貸金業法において収入の3分の1を超える借り入れができないという「総量規制」が、銀行系のカードローンは対象外になるため審査が通れば大口を利用しやすくなっています。

 

そのため銀行系のカードローンは収入証明書の必要が200万円~300万円以上の場合に必要なので、小口であれば本人確認書類のみで契約できます。

そんな銀行系のカードローンで「オリックス銀行のカードローン」は大口融資であれば金利もかなり低く、まとめの支払いなどにも向いています。

 

残念ながら小口での契約だとそれほど金利は低くありません。

しかし契約などはスマホなどでできるのでとても楽です。

店舗をもたないネット銀行なのでそのぶんの経費を銀行の金利等で還元しています。

 

さらに審査は2日~3日、融資までは5日~7日かかるので時間がある方にオススメです。

審査は厳しく、正社員や公務員向けですが、保証会社が2社なのでどちらかの審査によって通ればOKです。

収入によって異なるお金の借りる方法がある障害者

障害者に限らず収入の状況がお金を借りるのに大事な要素となっています。しかし障害基礎年金のみでは中々困難なことも多く、それ以外の収入があってある程度大きな額の安定した収入が求められます。

 

そうすることが出来ればお金を借りることが出来ますし、状況によっては障害基礎年金でもお金を借りることが出来ることもあります。それが生活福祉資金貸付制度で、安定収入が障害基礎年金しかない場合には利用すると良いのです。

 

障害者は健常者との違いはキャッシングの場合には障害の状況で契約方法が変わってくることです。目が見えなかったり、耳が聞こえないことでは契約に問題が出てしまうことがあるので、方法が異なってきます。

 

しかしそういう問題がない方は健常者と一緒の方法でお金を借りることが出来ます。キャッシングなどの場合にはwebで出来るので外出するまでもなく借りることが可能になっています。生活福祉資金貸付制度の場合には生活必需品などの使用用途によって借りることが出来るので、明確になっていることにより借りることが出来ます。

 

この場合に用意するものは、自治体に求められた書類と連帯保証人などです。状況により変わってくるために問い合わせることで進めることが出来るのです。注意点としてはキャッシングはすぐにお金を借りることが出来ますが、生活福祉資金貸付制度の場合には審査なども含めて時間が掛かることもあるので気を付ける必要があります。

 

障害者は収入によって借りることが出来る金融機関や制度が変わってきますので、収入を見て借りるようにすると良いでしょう。