医学部の予備校は高いがそれだけの価値はある

究極の安定した仕事という事になるでしょう

究極の安定した仕事という事になるでしょう学費が少々高いという事はそんな問題でもないはず意味のあるお金の使い方という事を政府は真剣に考えるべき

医学部の予備校は学費が高いという事はありますが、それだけの価値はあると考えて良いでしょう。
今の時代に医者ほど必要とされる人材はいません。
どんなに時代が変わる事になろうとも人の命の執着が無くなる事は無いでしょうから、医者への需要が無くなる事はありません。
究極の安定した仕事という事になるでしょうし、究極の高い報酬を獲得することになるという事も言えるはずです。
古来では医者というものはそれほどの重要な仕事とは考えられない事がありましたが、それは占いなどのような根拠のない医療をしていたような時代の話であって、人の体が科学的に分析されて病気というものが原因があり、それは勉強していく事で様々な治療方法を学ぶことが出来るという事が分かってきた現代においては医療程知っていてお金になる物はないという事になっています。
何しろお金がある人が最もお金を使ってもいいと考えるのがこの命に対するお金という事ですから、優秀な医者にはどんだけお金を出してもいいという考え方になるのも分かります。
何しろ命はお金で買えないという事はお金持ち程知っているわけですから、どんなに大金であろうとも医者にはお金をかけるということになります。
ですから、予備校の費用が少々高いという事があっても医学部に入り医者になるという事が出来るのであれば、まずこの高い授業料は後でいくらでも取り戻すことが出来ると考えて間違いありません。
何しろ世の中は医師不足という事で、この事が社会問題ともなっているわけですから、これからの時代に必要とされるという事が分かっている存在という事でもあります。

掟16.脂肪族の炭素数が5以上の分子式についての問題は,難易度が高い可能性があると心得よ。
掟17.分子式C5H12Oで考えられる8種類のアルコールの構造異性体のうち,光学異性体をもつのは3種類… https://t.co/mA6tvfNMdk

— レクサス教育センター 有機化学のオキテ (@lexus_chemical) 2018年10月12日